その他‎ > ‎

1997-2003

20034月現在 FDデータより(2018年6月18日転送作業、6月30日HP記入)

 計測科学講座-1995.3,数理・情報科学講座1995.41997.3,数理・情報科学科1997.4―  大学院理学系研究科前期・後期博士課程担当2002.4

 研 究

1. N.Tanizuka: A Mechanism of a LF Oscillation in a Magnetron Plasma, Proc. Int. Con. on Plasma Physics, IUPAP, Goteborg(1982)251.

2. N.Tanizuka: Monochromatic Oscillation Generated in a Low Power Ion Magnetron, Proc. of the 4th Symp. on Accelerator Science and Technology, Inst.Phys.Chem.Res.(1982)231-232.

3. N.Tanizuka: Oscillation Phenomena Occurring in a Magnetron Ion Source, Proc. International Ion Engineering Congress, IEEJ, Kyoto, Vol.1(1983)319-324.

4. N.Tanizuka: E cross B Transfer of  Electrostatic Potential Energy and Induced Oscillation Phenomena  Based on CM Theory, Proc. of the Eigth Symp. on Ion Sources and Ion-Assisted Technology, イオ ン工学懇談会・電気学会電子デバイス技術委員会(1984)111-114.

5. N.Tanizuka: Resonance Diffusion of Confined Ion in Crossed Electromagnetic Field, Proc. of the Ninth Symp. on Ion Sources and Ion-Assisted Technology, イオン工学懇談会・電気学会電子デバ イス技術委員会(1985)129-132.

6. N.Tanizuka: Resonance Ion Oscillation of a Reverse Ion Magnetron, Contrib. Pap. XVII Int. Conf. on Phenomena in Ionized Gases, IUPAPIURSTLB, Budapest, Vol.2(1985)759-761.

7.谷塚 昇:EクロスB型の放電現象についての一考察,電子通信学会論文誌, J68-C(1985) 1033-1037.

8.谷塚 昇:マグネトロン構造をもつ放電の振動特性, 真空協会誌, 29, 1(1986)26-33.

9.谷塚 昇:EクロスB放電に関する現象論的な一考察, 電子通信学会論文誌, J69-C(1986) 747-753.

10. N.Tanizuka and I.Nobuyasu: Resonance Phenomena of a Magnetron Type Discharge Device-Reverse Ion Magnetron-, Proc. of the Tenth Symp. on Ion Sources and Ion-Assisted Technology, イオン工学懇談会・イオン工学振興財団(1986)261-264.

11. N.Tanizuka: Resonant Transformation of Electrostatic Energy in ExB Field System,  Proc. of Topical  Meeting on Particle Beam Fusion and Its Related Problems, Research Report of Inst. Plasma Physics, Nagoya University, Vol.1, IPPJ-769(1986)1-6.

12. 谷塚 昇:EクロスB型の装置に生起する放電現象に関する研究,学位論文・工博 (1986).

13. 谷塚 昇:EクロスB構造の装置の放電に関するエネルギー論的考察, 電子通信学会論文誌, J69-C(1986)1430-1437.

14. N.Tanizuka: On Alfven's Ionizing Critical Velocity, Proc. of the Eleventh Symp. on Ion Sources and Ion-Assisted Technology, イオン工学懇談会・イオン工学振興財団・超先端加工システム技術研究組合(1987)9-12.

15. 谷塚 昇:直交電磁場系における放電の巨視的な解釈について, 電子情報通信学会論文誌, J70-C(1987)868-876.

16. N.Tanizuka: Code on Inverse Ion Magnetron and Ion Density Fluctuation Measurement, Contrib. Pap.  XVIII Int. Con. on Phenomena in Ionized Gases, IUPAPIURSIPIEE, Swansea, Vol.2(1987)260-261.

17.谷塚 昇:アルヴェーンの電離臨界速度に関する研究,応用物理学会誌,57(1988)1229-1235.

18. N.Tanizuka: Effect of Sheath-Electron and Sheath-Ion under the Existence of a Magnetic Field,  Proc. of the 6th Symp. on Plasma Processing, 応用物理学会プラズマエレクトロニクス研究会,文部省重点領域研究「反応制プラズマ制御(1989)565-568.

19. N.Tanizuka: Analysis of Magnetron Ion Sources and PIG Ion Sources,  Nucl. Instrum. & Methods,  B37/38(1989)189-193.

20. N.Tanizuka: Noise of a Plasma Containing a Transverse Magnetic Field, Proc. of the Twelfth Symp. on Ion Sources and Ion-Assisted Technology, イオン工学懇談会(1989)39-42.

21. N.Tanizuka: Plasma Processing Control by a Magnetic Field Crossed to a Sheath Electric Field, Jpn. J.  Appl. Phys., 28(1989)1703-1707.

22. N.Tanizuka: An Interpretation on Alfven's Critical Ionizing Velocity, Proceedings of Contributed Papers  1989 International Conference on Plasma Physics, Indian National Science AcademyIUPAP, New Delhi,  Vol.2(1989)433-436.

23. N.Tanizuka: Sheath and Fluctuations, Proceedings of the 7th Symposium on Plasma Processing, Research Group of Plasma Electronics, Jpn. Soc. Appl. Phys.(1990)489-492.

24. N.Tanizuka: Alfven's Critical Ionizing Velocity, Proc. of the Thirteenth Symp. on Ion Sources and Ion-Assisted Technology, イオン工学会(1990)117-120.

25. N.Tanizuka: Discharge Plasma and Sheath as a Stochastic ProcessWhat the f**α Power Spectral  Law Implies, Jpn. J. Appl. Phys., 30(1991)171-177.

26.谷塚 昇:プラズマ-壁境界領域における情報と処理,核融合における周辺プラズマ・対向壁間相互作用研究会報告書,文部省,pp.157-166(平成3年2月). 

27. N.Tanizuka: Fluctuation of a DC Discharge Cell and Information of Sheath, Proc.of the International Seminar on Reactive Plasmas, Nagoya(名古屋大・応用物理 学会プラズマエレクトロニクス研究会, 1991) pp.121-124

28. N.Tanizuka: Generalized Function of Continuous Noise Spectra and Its Application to Interpretation of  Universal Events, Proc. of  Int. Conf. on Noise in Physical System and 1/f Fluctuations, ed.T Musha, S.Sato and M.Yamamoto, Ohmsha Ltd.(Kyoto,1991)pp.401-404.

29.谷塚 昇:Plasma Membrane によるイオン輸・電位制御および付随現象, プラズマ・対向壁複合系における粒子輸送制御研究会報告書,プラズマ・壁相互作用研究 グループ (核融合科研, 1992)pp.28-33.

30.谷塚 昇, 川口則幸, 御子柴 廣, 井上 允: QSOの構造情報-VLBIと雑音電波-, VLBI国内 ネットワーク・シンポジウム集録(国立天文台・野辺山,1992)pp.136-139.

31. N.Tanizuka, N.Kawaguchi, H.Mikoshiba, M.Inoue: Quantitative Analysis of Cosmic Noise Comming from Plasma Jets of Quasar,  Int. Conf. on Plasma Phys., IUPAP, 1992, Innsbruck, Contributed Papers Vol.16C partIII (Euro. Phys. Soc.)pp.1651-1654.

32.谷塚 昇: 連続スペクトル発生源の情報エントロピーと構造の測度, 物性研究 Vol.59, no.3(1992)pp.310-316.

33.谷塚 昇, 岡田年明, 井上 允, 川口則幸: ェーサーからの連続スペクトル電波, VLBI観測計画シンポジ ウム集録(国立天文台・野辺山,1992)pp.27-30.

34.谷塚 昇: 非線形細胞膜系と比較したプラズマ=シース系, RESEARCH REPORT NIFS-MEMO Series, NIFS-MEMO-12「プラズマのカオス現象」1992, 名古屋(1993,核融合科学研究所)pp.57-68.

35.谷塚 昇, 岡田年明, 井上 允, 川口則幸: 全天6000電波源の広周波数帯域スペクトル・インデックス分 布の統計的性質,「相関器と新技術が開くVLBIサイエンス」研究会集録(1993, 国立天文台/宇宙科学研究所)pp.111-121.

36. N.Tanizuka: Double Layers of Cell Membrane and Discharge Plasma, DOUBLE LAYERS AND OTHER  NONLINEAR POTENTIAL STRUCTURES IN PLASMAS, ed. R.W. Schrittwieser, 1992,Innsbruck (1993, World Scientific, Singapore)pp.467-472.

37. N.Tanizuka: The Power Spectrum of 1/f Noise in Biological Cells and Discharge Cells, NOISE IN  PHYSICAL SYSTEMS AND 1/f FLUCTUATIONS, ed.P.H.Handel and A.L.Chung, 1993, St.Louis, AIP  Conference Proceedings 285(1993, American Instituteof Physics, New York)pp.681-684.

38.谷塚 昇: 電波源の電波強度のゆらぎのスペククトル, 11NROユーザーズミーティング集録(1993, 立天文台野辺山)pp.33-34.

39. 岡田年明, 谷塚 昇: 系外電波源の電波スペクトル指数の統計的性質, 11NROユーザーズミーティン グ集録(1993,国立天文台野辺山)pp.85-88.

40. 谷塚 : 非線形細胞膜系と比較したプラズマ=シース系, プラズマ・核融合学会誌, 70(1994)93-102

41. 谷塚 昇, 岡田年明,高野雅大:ニューロン・マグネトロン・小宇宙の1/f**αノイズ,核融合科学研究所リサーチレポート, NIFS-PROC-16(1994)pp.73-81.

42.谷塚 昇,高野雅大:コンパクト・ラジオソースの電波強度ゆらぎ,第12NROユーザーズミーティング集録(1994,国立天文台野辺山)pp.148-149.

43.谷塚 昇,高野雅大, E.B.Waltman:クェーサー放射電波変動に内在するカオス,核融合科学研究所リサーチレポート, NIFS-PROC-22(1995)pp.88-97.

44.N.Tanizuka, M.Takano, E.B.Waltman: 1/f Fluctuations of the Intensity of Radio Wave from Compact  Extragalactic Radio Sources, Noise in Physical Systems and 1/f Fluctuations, ed.V.Bareikis and R.Katilius  (World Scientific, Singapore, 1995)pp.332-335.

45.谷塚 昇,高野雅大:クェーサー放射電波強度の変動解析と解析結果の意味,第13NROユーザーズミーティング集録(1995,国立天文台 野辺山)pp.133-134.

46. N.Tanizuka, M.Takano: Natures on the Fluctuations of the Intensity of Microwave from Twenty Eight  Quasars, Abstract Book of the 1st Tohwa University Statistical Physics International Meeting, Fukuoka(1995)pp.9-10.

47.高野雅大,谷塚 昇:クェーサーの電波強度ゆらぎのスペクトル、フラクタル解析,第9回ゆらぎ現象研究会抄録集(ゆらぎ現象研究会,1995)pp.3031.

48. N.Tanizuka, M.Takano: Natures on the Fluctuations of the Intensity of Microwave from Twenty Eight Quasars, 物性研究 vol.66, no.3(1996)382-383.

49. 谷塚 昇,山家智之,上田 明,丸中洋平,仁田新一:心臓血管系の血流時系列の不規則過程の解析,IIAS Reports NO.1998-007, THE FORTH WORKSHOP ON ORDERS AND STRUCTURES IN COMPLEX SYSTEMS, ed. Zensho YOSHIDA(国際高等研究所,199811)pp.53-60.

50. 谷塚 昇,高野雅大:クェーサー放射マイクロ波の強度ゆらぎ解析,1998年度VLBIシンポジウム集録(VLBI懇談会・通信総合研究所)pp.51-55.

51.山家智之,谷塚 昇,南家俊介,吉澤 誠,仁田新一:迷走神経活動電位の非線形解析,Therapeutic Research vol.19 no.6(1998)153-158.

52. T.Yambe, N.Tanizuka, A.Tanaka, M.Yoshizawa, K.Abe, H.Takeda, K.Tabayashi and S.Nitta:"A Future    Prediction Type Artificial Heart System," Artificial Organs 23,3(1999)268-273.

53. N.Tanizuka, J.E.Allen: "On the theory of plasma-sheath resonance in a non-uniform plasma," Journal of  Plasma Physics Vol 61Part 3 (Cambridge Univ Press, April 1999)469-488.

54. N.Tanizuka, M.Takano: "A Study Fiding an Evolution Algorithm of Galaxies by the Analysis of  Microwave Intensity Fluctuations Emitted from Quasars," Noise in Physical Systems and 1/f Fluctuations  ed. C.Surya, Hong Kong, 15th Int. Conf. ,EDS-IEEE,23-26 Aug. 1999 (Bentham Press,London,1999)475-478.

55.谷塚 昇,高野雅大:小宇宙の進化過程の観測的研究,電気学会論文誌C(電子・情報・システムVol.120-C 8/9(2000)pp.1149-1156.

56.谷塚 昇,中井俊介,ラマン カーン:クゥエーサー放射電波の強度時系列の動力学的解析,

NRO「ディスクとジェットの相互作用研究会」集録(200036-7日三鷹市,文部省国立天文台)pp.

57.谷塚 昇,中岡高博,水原宏司,ラマン カーン:クェーサー放射電波の強度時系列の解析

―ゆらぎの原因係数―,VLBI懇談会シンポジウム集録(2000126-8日水沢市,文部省国立天文台)pp.51-54.

58. 谷塚 昇,Md. M. ラマン カーン:小宇宙システム放射電波の強度時系列の不規則変化に規則性があるのか, 信学技報 Vol.101 No.135 (2001-6) pp.67-73.

59.谷塚 昇,Md. M. ラマン カーン:QSO放射電波の強度時系列変化における動力学的情報,

19NRO ユーザーズ・ミーティング (2001717-19,国立天文台野辺山)集録原稿pp.155-157.

60. 谷塚 昇,Md. M. R. カーン,水原宏司,中岡高博QSO電波束密度時系列から見えてくるもの,第4回情報論的学習理論ワークショップ (The 4th Workshop on Information-Based Induction Sciences: IBIS2001) 予講集 (Tokyo, Japan, July30-August 1, 2001) pp.261-265.

61. Md.M.R.Khan and N. Tanizuka  :"Comparative time series analysis of the radio wave intensity of the QSOs observed by VLBI(KSP) and GBI," Proceedings of the 1st CRL TDC  Symposium, ( Kashima, Sept. 19, 2001 ) pp.4-7 .  IVS CRL-TDC News No.19 

http://www2.crl.go.jp/ka/radioastro/tdc/news_19/pdf/khan.pdf

;(Technology Development Center News, Communication Research Laboratory, Serial No. 19, November 2001, pp.4-7.)

62. N.Tanizuka, Md.M.R.Khan, " The Nonlinearlity on the Time Series of the Radio Wave Flux Density from the Quasars,"  2001年度VLBI懇談会シンポジウム集録(鹿児島大学,20011211日~13), pp.36-40.

63. 谷塚 昇,Md.モスタフィズル ラマン カーン,“クェーサー電波束密度時系列から見えてくるもの, 電子情報通信学会論文誌D-Vol.J85-D- No.5, (May 2002)pp.825-832.

64.  Md.M.R.Khan, N.Tanizuka : " Dependence of Correlation Dimension of QSO Radio Wave Intensity Time Series on Red Shift,"  Proceedings of the 2nd  CRL TDC  Symposium, ( Kashima, Sept. 20, 2002 ) pp.5-8. .  IVS CRL-TDC News No.21 

http://www2.crl.go.jp/ka/radioastro/tdc/news_21/pdf/khan.pdf

;(Technology Development Center News, Communication Research Laboratory, Serial No. 21, November 2002, pp.5-8.)

65.. Khan, Mostafizure and N. Tanizuka : "Nonlinear Time Series Analysis of Observed Noise Data in Dynamical System," Proceedings of the Third International Conference on Discrete Chaotic Dynamics in Nature and Society, Chuo University, Tokyo, Japan, September 9-13, 2002, (CD-Rom)

66. 中岡高博,ラマン・カーン,谷塚 昇,浅田 博,外池光雄,“脳磁気波の非線形動力学解析 電子情報通信学会論文誌A Vol.J86-A, No.4, (April 2003)pp.507-512.

研究会・学会発表記録  1993年10月~

1.岡田年明,谷塚 昇:「系外電波源スペクトル指数の統計的性質」日本天文学会秋季年会19931013日,鹿児島大学)

 2.谷塚 昇:「生命は星間の塵から?」野辺山宇宙電波観測所星間分子ワークショップ(19931128日,電通大学)

 3.谷塚 昇:「ニューロン,マグネトロン放電,小宇宙の1/fノイズ」プラズマのカオス研究会(1993121日,核融合科学研究所)

 4.谷塚 昇,岡田年明,高野雅大:「銀河ジェットの電子エネルギー分布」プラズマ・核融合学会年会(1994325日,中部大学)予稿集p.126

 5.岡田年明,谷塚 昇,田原博人:「系外電波源スペクトルの統計的研究(II)」日本天文学会春季年会(19945月,吹田市市民会館)予稿集V46P

 6.谷塚 昇,高野雅大:「コンパクト・ラジオソースの電波強度ゆらぎ」第12NROユーザーズミーティング(19947,国立天文台野辺山)

 7.谷塚 昇,岡田年明:「電波小宇宙のシンクロトロン放射スペクトル指数と電子加速要因の研究」日本物理学会秋の分科会(1994930日,山形大学)概要集第一分冊p.160

 8.谷塚 昇,高野雅大,E.B.Waltman:「クェーサーが放射する電波のゆらぎに内在する規則性」プラズマ中のカオス現象研究会(199412月,核融合科学研究所)

 9.高野雅大,谷塚昇:「銀河系外電波源電波強度変化のスペクトル解析」日本物理学会年会19953月,神奈川大学)

 10.N.Tanizuka,M.Takano and E.B.Waltman: "1/f Flctuations of the Intensity of Radio Wave from Compact Extragalactic Radio Sources",13th Int. Conf. on Noise in Physical Systems and 1/f Fluctuations(29 May-3 June 1995,Palanga,Lithuania)

11.高野雅大,谷塚昇:「クェーサーの電波強度ゆらぎのスペクトル,フラクタル解析」日本物理学会秋の分科会(1995928日,大阪府立大学) 概要集III p.624

 12.N.Tanizuka, J.E.Allen: "Analytical Research on the Impedance and Resonance of the Parallel-Plate  RF-Driven Plasma-Sheath System",The Institute of Physics Annual Congress(24-27 March 1997, Univ.of Leeds, UK)Congress 97 Programme and Abstracts p60

 13.N.Tanizuka: "Noise and Fluctuations in Complex Systems-Laboratory, Cosmology and Biology-" International Workshop on Orders and Structures in Complex Systems(22 July -5 Aug. 1997, International Institute for Advanced Study, Kyoto)

 14.谷塚 昇,山家智之,上田 明,丸中洋平,仁田新一:「血流に関するカオス・フラクタル性の次元の解析」日本物理学会秋の分科会(1998925日,琉球大学)概要集第3分冊 p.741

 15.谷塚 昇,高野雅大:「小宇宙の進化過程の研究」平成10年電気関係学会関西支部連合大会(1998117日,大阪府立大学)論文集 p.G276

 16.谷塚 昇,高野雅大:「クェーサー放射マイクロ波の強度ゆらぎ解析」VLBIシンポジウム(19981126日,通信総合研究所鹿島宇宙通信センター)

17.N.Tanizuka,M.Takano :"A Study Fiding an Evolution Algorithm of Galaxies by the Analysis of  Microwave Intensity Fluctuations Emitted from Quasars,"15th International Conference on Noise in Physical Systems and 1/f Fluctuations(23 -26 August 1999, The Hong Kong Polytechnic University, Hong Kong) EDS-IEEE

 18.谷塚 昇,上田 明,山家智之,仁田新一:「心臓・血管系の観測時系列解析による疾患特徴パターン分類」電子情報通信学会(199997日船橋市,日本大学理工学部・船橋校舎)情報・システムソサイェティ大会講演予稿集p50.

 19.谷塚 昇,中井俊介,ラマン カーン:「クゥエーサー放射電波の強度時系列の動力学的解析」NRO「ディスクとジェットの相互作用研究会」(200036-7日三鷹市,文部省国立天文台)

 20.谷塚 昇,中井俊介,ラマン カーン:「小宇宙電波のゆらぎにおけるルールの解析」電子情報通信学会(2000328-30,東広島市,広島大学)2000年総合大会講演論文集基礎・境界A-2-16,p.68

 21. 谷塚 昇, ラマン カーン, 中井俊介:QSO放射電波の解析による小宇宙システムの自己組織化過程の研究」第55回日本物理学会講演概要集 (2000922-25 新潟市 新潟大学) 23aWG2i 第55巻第2号第2分冊p222

 22. ラマン カーン,谷塚 昇,中井俊介:Causing Factors for the fluctuations of the radio wave from the QSOs” 電子情報通信学会(2000930~103日名古屋市,名古屋工業大学)2000年基礎・境界ソサイェティ大会講演論文集A-2-20,p62.

 23. 谷塚 昇,中岡高博,水原宏司,ラマン カーン:クェーサー放射電波の強度時系列の解析―ゆらぎの原因係数―, VLBI懇談会シンポジウム (2000126-8日 水沢市,文部省国立天文台)

 24. ラマン カーン, 谷塚 昇: QSO Radio Wave and Factors of Flux Density Fluctuations”電子情報通信学会(2001326~29日 草津市,立命館大学)2001年総合大会講演論文集 基礎・境界A-2-8,p71.

 25. 谷塚 昇,Md. M. ラマン カーン:小宇宙システム放射電波の強度時系列の不規則変化に規則性があるのか, 電子情報通信学会技術研究報告[非線形問題](2001626日 岡山市,岡山大学)信学技報Vol.101 No.135 (2001-6) pp.67-73.

 26. 谷塚 昇,Md. M. ラマン カーン:QSO放射電波の強度時系列変化における動力学的情報,19NRO ユーザーズ・ミーティング  (2001717-19,国立天文台野辺山)集録原稿pp.155-157.

 27. 谷塚 昇,水原宏司,中岡高博,Md. M. ラマン カーン:QSO電波束密度時系列から見えてくるもの,第4回情報論的学習理論ワークショップ (The 4th Workshop Information-Based Induction Sciences: IBIS2001), 2001730-81日,学術情報センター一ツ橋記念講堂,東京 予稿集pp.261-265.

28. Md. M. R. Khan, N. Tanizuka: Time Series Analysis of the Microwave Intensity for the QSOs, 2001 Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC’01), Chuo University, Tokyo, Japan, August 1-4,2001,CONFERENCE DIGEST, PJ-34, 395.

 29. Md. M.ラマン・カーン,谷塚 昇:“KSP, GBIで観測されたQSO放射電波の時系列の性質の比較VS技術開発シンポジウム,” 2001IVS技術開発センターシンポジウム,通信総合研究所 鹿島宇宙通信研究センタ,2001年9月19日 

 30. 谷塚 昇,Md. M.ラマン・カーン:QSO変動性電波束密度時系列解析による銀河システムのダイナミックス,日本物理学会講演概要集vol.54,no.2, p.194 (2001年秋季大会,917日~920日,徳島文理大学)

 31. 中岡高博,Md.M.Rahman Khan,浅田 博,谷塚 昇, 外池光雄.MEG raw data 時系列の遅延時間座標系での振る舞い,”平成13年度 生理学研究所研究会(第2回脳磁場ニューロイメージング),岡崎コンフェレンスセンター,20011128日~30  抄録集 (2)

32. 谷塚 昇“クェーサー放射電波の強度変化時系列の非線形性 2001年度VLBIシンポジウム,鹿児島大学,20011211日~13

 33.谷塚 昇,多賀野義隆: “経済数値の変動の性質 電子情報通信学会(2002327~30日 東京,早稲田大学)2002年総合大会講演論文集 基礎・境界A-2-7,p52.

 34. Rahman Khan,谷塚 昇: “Non-linear Time Series Analysis of the Radio Wave of the QSOs and Their Milliarcsecond Image Structures 電子情報通信学会(2002327~30日 東京,早稲田大学)2002年総合大会講演論文集 基礎・境界A-2-15,p60.

 35. 水原宏司, Rahman Khan,谷塚 昇: “クェーサー電波時系列の非線形動力学解析 電子情報通信学会(2002327~30日 東京,早稲田大学)2002年総合大会講演論文集 基礎・境界A-2-15,p61.

 36. 中岡高博,ラーマン カーン,谷塚 昇,浅田 博,外池光雄: “脳磁気波の非線形動力学解析 電子情報通信学会(2002327~30日 東京,早稲田大学)2002年総合大会講演論文集 基礎・境界A-2-15,p62.

 37. 中岡 高博, ラマン カーン, 谷塚 昇,  浅田 博, 外池光雄: “α波、θ波の非線形力学モデル, 数理科学協会研究会,大阪大学,95

38. Khan, Mostafizure and N. Tanizuka : "Nonlinear Time Series Analysis of Observed Noise Data in Dynamical System,"  The Third International Conference on Discrete Chaotic Dynamics in Nature and Society, Chuo University, Tokyo, Japan, September 9-13, 2002

 39. Rahman Khan: " Dependence of Correlation Dimension of QSO Radio Wave Intensity Time Series on Red Shift,"  第2回IVS技術開発センターシンポジウム,通信総合研究所 鹿島宇宙通信研究所 鹿島宇宙通信研究センター,鹿嶋市,平成14920

 40.   中岡 高博,谷塚 昇:MEG raw data 時系列のα波時空間解析」,統計数理研究所・研究会「21世紀の診断工学とその周辺」,東京,2002925-27

 41. 谷塚 昇「クェーサー電波時系列の変動の性質」,2002年度 VLBIシンポジウム,国立天文台三鷹 2003/01/1401/16.

 42谷塚 昇,水原宏司, Rahman Khan,: “クェーサー電波時系列の変動の性質 電子情報通信学会(2003319~22日 仙台,東北大学)2003年総合大会講演論文集 基礎・境界A-2-32,p66.

 43. 多賀野義隆,谷塚 昇脳磁気波の決定論性 電子情報通信学会(2003319~22日 仙台,東北大学)2003年総合大会講演論文集 基礎・境界A-2-31,p65.

 44. Rahman Khan,Noboru TanizukaEffects of Missing Values of Time Seires Data on the Results of GP Algorithm 電子情報通信学会(2003319~22日 仙台,東北大学)2003年総合大会講演論文集 基礎・境界A-2-19,p53.

 海外渡航 1996年4月~

 1999年8月22日-同年8月27日  中華人民共和国、香港、香港理工大学、研修、第15回物理システム雑音と1/f ゆらぎの国際会議出席・講演「クェーサー放射電波のゆらぎ解析によって小宇宙の進化アルゴリズムを見いだす研究」

 1999年3月12日-同年4月7日 英国、オックスフォード大学理工学部、出張オ大学客員研究員財団法人  関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団 共同研究:非線形プラズマシステム制御によるエネルギーの効率的利用、

 1998年3月1日-同年3月13日  英国、オックスフォード大学理工学部、研修研究協議:プラズマ-シース・システムの振る舞いに関する解析的研究

 1997年10月30日-同年11月15日  英国、オックスフォード大学理工学部、研修 共同研究:平行平板プラズマ-シースシステムのインピーダンスと共鳴に関する解析的研究

 1997年月8月18日-同年9月21日  英国、オックスフォード大学理工学部、研修共同研究:平行平板プラズマ-シースシステムのインピーダンスと共鳴に関する解析的研究

 1996年4月24日-1997年4月23日  英国、オックスフォード大学理工学部、 出張、大阪府費在外研究員、オックスフォード大学客員研究員 

プラズマ研、核融研 記録のため

A  名古屋大学プラズマ研究所共同研究会

1. エッジプラズマ原子過程 研究会,1985年1月,谷塚 昇,「マグネトロン放電におけるイオンの共鳴拡散」

2. 粒子ビーム核融合と関連問題 研究会,1985年10月,谷塚 昇,Resonant Transformation of Electrostatic Energy in ExB Fields

3. 能動的エネルギー・スペクトル分析法によるプラズマ計測法・高温プラズマにおけ る スペクトル線の発射・吸収・散乱過程の特性及び高温プラズマ装置を用いた原子分 子過 程に関する合同研究会,1986年12月,谷塚 昇,「回転プラズマのイオン 密度揺動及びその計測に関する計算機実験」

4. プラズマフロロンティア合同研究会「磁場中のシースイオン、シース電子」1988年12月

B  核融合科学研究所共同研究会

核融合炉設計と評価に関する研究会発表 核融合特別研究総括班活動(東京)「マグネトロンの理論を応用した核融合装置の概念」1987年11月27日谷塚 昇 資料集(昭和63年4月)189193.

Comments